企業が依頼する場合には - 名古屋の税理士さんに聞いてみよう

HOME » 名古屋の税理士に聞く » 企業が依頼する場合には

企業が依頼する場合には

企業にとって税理士に会計関係を委託するかどうかは迷うところで、税理士は何をしてくれるのかといった疑問もあります。
一般的には会計用の書類をまとめて税務署に提出する書類を作成してくれるだけと考えてしまう方も少なくないです。
その為、経理経験があれば会計関係の処理をすることは可能で、税理士の費用を抑えることでコスト削減につながるのなら必要ないと考えてしまうこともあります。

しかし、単に会計処理をするだけではなくて、節税対策などをはじめとする経営のコンサルタント的な役目を果たしてくれる税理士もいるのです。
また、企業内で会計関係の処理をしてしまうと業務への負担も大きくなってしまうことも考えられるので、税理士に依頼することも大事なことと考えられるのです。

企業として税理士へ税務関係業務を依頼する際には、どのような税理士の選び方をすれば良いのかというと、単純に会社に適した税理士を選ぶだけです。
その為には、税理士がどのような職種を専門としているのかを、依頼をする前にチェックしておく必要があります。
税理士も得意な分野と得意としない分野があるので、全く業務内容とは違う企業の税務管理をしている税理士に依頼してしまうと、間違った処理をされる可能性があります。
そうなると監査や税務調査が入った時に不利な状況になることも考えられるので注意が必要です。
つまり、税理士なら誰でも同じというわけではないことを理解して、じっくり選んでから依頼するように心がけることが大事です。

企業が名古屋で税理士に依頼する場合には、どの程度の費用が必要になるのかも気になる点です。
ただ、扱い金額や事業規模によって大きく違ってくるため、相場といったものが計りづらいものです。
その為、事前に複数の事務所から見積もりを提出してもらい比較検討する必要があります。
そして、じっくりと話し合って依頼する内容と報酬金額のバランスに納得ができるのなら依頼すると良いです。