資産運用を考えているのなら税理士に相談を - 名古屋の税理士さんに聞いてみよう

HOME » 名古屋の税理士に聞く » 資産運用を考えているのなら税理士に相談を

資産運用を考えているのなら税理士に相談を

名古屋にいる資産家の方々の共通した悩みとして、先祖や両親が遺してくれた大切な資産を、どのようにして次世代へ遺していくかという課題があります。
昔から資産家は三代でつぶれると言われていますし、資産を遺していけない原因として、浪費・投資の失敗・相続税というのが考えられます。
ただ、浪費で資産を食いつぶす方というのはなかなかいないもので、実際は投資の失敗と相続税が大きな原因になっているのです。
そして投資の失敗については、相続税に対する恐れから端を発しいて、資産を有効活用して増やさなければならないという想いがあるためです。

ただ、そのような理由で資産運用をしているのなら、相続税に関する不安さえ解消できれば、資産運用という余計なリスクを背負う必要はなくなります。
つまり、相続税対策をきちんと理解して早い段階から準備をしておくとことで、大きな効果が期待できますし、将来に対する見通しも立てることが可能になるのです。
このように考えると、資産運用を含めて相続税に関する相談を、早い段階から税理士にするのが最も賢い方法と考えられます。

名古屋で資産運用として不動産投資をするケースもありますが、不動産投資をするべきなのか採算を見極める必要があります。
不動産投資というと中古マンションやテナントビルをはじめとする賃貸物件の購入や、自己所有の土地への賃貸物件の建築、土地の購入などをイメージすると思います。
また、不動産投資からリゾート会員権やゴルフ会員権を想像するケースもあります。

ただ、経常的な収益を生まない土地や会員権を投資対象として考えることは、利益を出すことはできないので何らかの有力な情報がない限りは得策とは言えません。
逆に中古マンションやテナントビルなどは、収益性を事前に検討して投資対象になるのかを検討し、正しい見極めさえできれば投資対象として考えられます。
ただ、なかなか素人では判断が難しくて、このような場合も税理士に相談するのが賢い選択と言えます。
名古屋で資産運用を考えているのなら、税理士に相談することをまずは考えてみると良いです。