名古屋で税理士を探すのなら相談例を参考にして - 名古屋の税理士さんに聞いてみよう

HOME » 名古屋の税理士に聞く » 名古屋で税理士を探すのなら相談例を参考にして

名古屋で税理士を探すのなら相談例を参考にして

名古屋で税理士を探している方の中には、税理士に対してどのような相談ができるのかと疑問を感じることも少なくないです。
税理士は税の専門家で法律より定められた独占業務で、税務に関係する相談は税理士しか正式な回答をすることができないことになっています。
ですから、税務自体とその周辺業務に関連することは、税理士に相談することが正しい選択と理解して、名古屋で税理士を探すと良いです。

具体的な相談例としては、納税者として納めるべき税金に関する相談があって、確定申告や相続税の申告などが代表的なものです。
その他には過去に納税し過ぎた税金の還付請求や、事業者が消費税に課税事業者に該当するのか、適切な節税対策についての相談など、税金に関する全般が相談できる対象となります。

先にも触れましたが税務を独占業務とする税理士ということで、税金の計算のために日々の会計業務が必要で、税務に隣接する関連業務も業務範囲とされています。
どういうことかというと、事務・経理・会計などに関する知識を持っていて、会計業務に関連する相談にも乗れるということです。
具体的な例としては、日常的な帳簿付けのやり方を教えたり、経営者の企業会計の施策設計など会計に関わることの相談を受けたりしているのです。

このように納税者の税務や会計に関連することを取り扱うことは、事業運営についても深く関わることにもなります。
その為、そうした経験から自身も事務所の経営者である税理士は、事業運営に関係するコンサルタントとしての役割を熟すこともできるのです。
具体的な例としては、会社設立の手続きやそれに関連する事業計画書の作成、資金調達などといった起業に関することがあります。
また、会社設立後は会社の顧問役として経営者の様々な悩みごとの聞き役として活躍したり、事業運営に関する相談役になったりします。
このようなことが相談できる税理士ということを理解した上で、名古屋で税理士を探している方は、どのような相談をしたいのかを考慮して探すことも必要です。