名古屋の税理士に聞くの記事一覧 - 名古屋の税理士さんに聞いてみよう

HOME » 名古屋の税理士に聞く

名古屋の税理士に聞く

会社設立後の維持費について

税理士

・会社設立後に必要となる維持費
会社設立後の運営維持費について、どんな経費が掛かってくるのかを少しお話したいと思います。
基本的には、家賃や電気代などの固定費用と、商品やサービスを販売する時に必要となる原価費用があり、この原価については、毎月一定額ということにはならないため、変動費に該当します。
この2つを維持するのに必要なお金は、運転資金からまかなうことになります。

・効率化を図ってコストを抑える
コストを抑えて維持費を少なくすれば、会社の財布に掛かる負担を少なくすることができます。
そのためにはまず掛かっている費用を抑えなければならないのですか、固定費はなかなか減らすことはできませんので、商品原価である変動費に工夫をする必要があります。
と言っても材料やサービスの質を落としてしまうと、商品としての価値が下がってしまいますのでそれはできません。
商品やサービスの原価を抑える時には、素材や人件費に手を入れるのではなく、効率化を図るということをまず先に考えてみることが大事です。
一つの商品をこれまで1時間に10個しか作れなかったものが、試行錯誤によって、20個作れるようになれば、単純に原価が半分になります。
当然それに応じた仕事を供給しなければなりませんが、基本的には、このように効率化を図って素材の品質を落とさずに、コストを下げるということを考えてみるといいです。

・資本金の重要性
会社設立後に、できるだけ早い段階で、経営を軌道に乗せることはとても大切なことですが、なかなかそう上手くはいきません。
数ヶ月赤字で運営しなければならないこともあるでしょう。
そういった時でも耐えられるように、十分な資本金を積んでから開業することが肝心となります。
資本金が多いほど、会社の財務状況も安定してきますので、 できるだけたくさんのお金を集めてから会社を始めるようにしましょう。

・会社設立時の資本金額額について
基本的に資本金は、1千万円以下に抑えるべきだと思います。
なぜならば、1000万円を超えると消費税の優遇措置も受けられませんし、法人税の均等割もかかってくるようになる恐れがあります。
メリットが少なくなってしまいましたので、立ち上げから最低2年間は、資本金を1千万円以下に抑えた運営をしていた方がいいでしょう。

・会社事務所の家賃は高い方がいい理由
会社の本拠地とも言える事務所は、できるだけ高い家賃のところを選んだ方がいいです。
なぜならば高いところというのはそれなりにステータスがある場所になりますので、会社の宣伝にもなるからです。
例えば東京の港区の一等地にある会社と、よく分からない地域にある会社とでは、その時点のブランド力でも差がついてしまっています。
ですから家賃は宣伝費だと思って、できるだけ目立つ地域に会社を出店した方がいいでしょう。

会社設立時の税理士の必要性

税理士

会社設立時に税理士などの専門家に相談するかどうか、迷っている方も多いはずです。
実際のところ、知識が豊富にあるという方は、相談しなくても良いかもしれません。
専門家が行っているのは、いわゆる必要な手続きや申請、その他会社や企業の経営・運営に関わることとなってきます。
そのため、自分でできる場合は自分でやるというのも、決して悪くありません。
しかし、会社設立の際にはどうしても司法書士や行政書士、税理士の力が必要です。
書類作成の際には彼らの対応が必要となってくるので、必然的に頼りにするしかないです。
その他のことに関しても、極力は専門家に相談した方が良い場合もあります。
もちろん、それでも専門家の力に関しては、必要性を感じていないという方もいるでしょう。
そこで、ここでは専門家の中でも、特に税理士が必要なのかどうかについて解説します。

まず、結論から言ってしまうと、税理士などは必要だと言えるでしょう。
会社設立の際には手続きや申請に必要な書類の作成代行を行ってくれる他、必要な手順も対応してくれることが多いです。
会社設立においては、これらの作業が意外にも煩雑で手間も面倒もかかります。
それならば、税理士などの専門家にすべて対応してもらった方が安心ですよね。
もちろん、知識がない人が手続きや申請を行うと、ミスも多くなってしまいます。
そうなると、後々修正が必要となったりするなど、トラブルや問題の原因になるのです。
また、税理士がいることによって、お金の面でも色々とカバーしてもらうことができます。
例えば、税理士で最も重要となるのが、やはり節税なのではないでしょうか。
会社設立後はいかに節税するかも大切な指標となってくるので、そこもしっかりと考えておくと良いのではないでしょうか。
もちろん、税理士とは言っても、完全に税金をカットするということはできないので、あくまでも法律を順守した上での節税となります。
それでも、何もしないよりは大きな効果を生んでくれることは間違いないです。
その他、決算や年末調整など、色々な面でも対応してくれるでしょう。

税理士が必要かどうか迷っているという方は、とりあえず相談してみることをおすすめします。
税理士にとっても、そういう業務を任されるというのは嬉しいことです。
そこで良い関係を続けていくことができれば、より適正に会社や企業として経営を続けていくことができるでしょう。

仙台の税理士に相談してみた

税理士01

近年、若い起業家たちが積極的に事業を展開しており、インターネット上でも話題になっていますが、これから自分の会社を設立したいというときにポイントとなるのはどんなことでしょうか?
ここでは仙台の会社設立に詳しい税理士から、成功している企業の秘密を聞いてきましたので紹介していきたいと思います。

まずはじめに会社設立するときにもっとも気になるのは「その事業が成功するかどうか」という点で、これはすべての経営者が感じていることであり、もっっとも大きな心配事だと思います。
若い起業家たちが増えているという話を冒頭でもしましたが、すべての人たちが成功しているかと聞かれれば実際はそういうわけではありませんし、中にはかなり早い段階で見切りをつけなければならない結果に終わっている人もいます。

事業が成功するかどうかはどんなに計画的に進めていってもやってみなければ分からないところがありますし、経営者の中には占いなどに頼ってゲン担ぎをする人も少なくないそうですから、それだけ大変なことだというのが見て伺えます。
しかしまず重要なことは「やるべきことをしっかりやること」で、これは会社設立に関する知識を持つこと、そしれ会社設立後にどのような経営をしていくのかしっかりビジョンを持つことです。

まず会社設立に関する知識ですが、これはひと言で言うのは難しいですしいろいろなことがあげられますが、たとえば現在会社形態は株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4つありますが、中でももっとも選ばれているのは株式会社です。
株式会社の特徴と言えば文字通り株式を発行できるところにあって、それによって資金調達をすることができます。

ということはたくさんの株主を集めればそれだけ運営資金も潤沢になるわけですし、いろいろな人たちからアイディアを吸収できるチャンスも生まれるわけです。
知識をつけるというのは必ずしも会社設立の手続きの流れだけが該当するわけではありませんし、会社設立後のほうがずっと長いわけですから、それに向けた知識付けを意識するのは当然ですしとても大切なことです。

また税金について把握しておくことも大切で、会社設立後は法人となりますので法人税が発生します。
個人事業主のときは所得税を納めていたと思いますが、これは収入によって変化があるものでしたが法人税は基本的に一定に金額を納めることになりますのでたとえ赤字になったとしても納税義務は残ります。

会社設立・開業の税理士費用

税理士

会社設立や開業を考えている方も増加傾向にあります。
例えば、近年多くなっているパターンとしては、もともと会社員をやっていたものの、独立して会社設立をおこなったり、開業をおこなったりするパターンです。
自分のコネクションを使うことはもちろん、新しく動くことによって広げた人脈で色々な道に挑戦する方も多くなっています。
日本では個人事業主やフリーランスも増加していて、会社から独立して奮闘しているという方も多くなっています。
しかし、会社設立や開業をする場合には、当然ですが国に許可を得て、必要な手続きも済ませておくことが必要です。
単純に「会社をやろう」と思ってできるものではありませんし、「独立しよう」と思ってできるものでもありません。
必要となる手続きなども多いので、そこはちゃんと済ませておくようにしましょう。
ただ、やはり会社設立や開業に関してはわからないことも多いはずなので、そこは専門家に依頼した方が良いです。

専門家として頼りになるのが司法書士や行政書士、社労士や税理士です。
これらの専門家はそれぞれの分野に特化していて、特に会社設立や開業に関してもサポートしてくれます。

多くの方が必要な手続きを代行してくれて、よりスムーズに進めていくことができるでしょう。
その中でも特におすすめなのが税理士です。
税理士は税金に関する業務を対応してくれて、特に節税や税金対策に特化しているところもあります。
やはり会社設立や開業で大きな障壁となるのが、税金です。
こればかりはちゃんと対応しないと、大変なことになります。
特に税金は国が義務を課しているものなので、「支払わない」ということはできません。
借金とも違うので、必ず支払う義務が生じます。
もちろん、お金が稼げている場合に限りますが、そこはちゃんと対策した方が良いです。
その他、会社などを設立する場合は登記が必要となるので、その場合は司法書士なども必要となってきます。
それぞれの費用相場としては、おおよそ10万円~30万円ほどです。

株式会社を設立する場合に税理士に相談すれば、その費用は20万円前後です。
近年多くなっている合同会社の場合には10万円前後で済むことが多いでしょう。
その他、税金などに関しては特に問題ない場合、司法書士だけに相談するということも多いです。
その場合の費用は株式会社もその他の形態も20万円前後もしくは30万円前後が必要となります。
それぞれ必要な費用を知り、頼りになる専門家を見つけて行きましょう。

名古屋の丸の内でおすすめといえる税理士は?

会社が独自で財務や税務の処理を完結することは非常に難しいことで、通常は税理士に依頼したり相談したりすることが多いです。
その為、名古屋の丸の内でおすすめの税理士を探している企業もあるでしょうが、簡単そうに見えて実は結構大変なのが税理士選びです。
Click≫ 『名古屋の丸の内でおすすめといえる税理士は?』

名古屋の栄でおすすめの税理士を探すには?

名古屋の栄で会社設立の手続きをしようと考えた時に、時間がない、手続きが煩雑、株式会社で良いのかなど、様々な疑問や不安が生じることもあります。
そのような時に頼りになるのが税理士で、会社設立の手続きから融資の相談・税務などの会社設立後のサポートまでトータルで依頼することができます。
このように税理士に一貫して依頼することにより、会社設立をはじめ運営業務に集中することができますし、手続きにおいて費用が安くなる場合もあるのです。
その為、名古屋の栄でおすすめの税理士がいないのか探す方もいます。
Click≫ 『名古屋の栄でおすすめの税理士を探すには?』

体験談を参考に探す

名古屋で生前の相続対策をしたい、会社の後継者を育てられない、独立開業したいけど何をしたら良いのか分からないなどで、税理士に相談したいと考えている方もいます。
また、税務申告はどうしたら良いのか、税務調査が心配、経営アドバイスをしてほしいなどを相談したくて、税理士を探している方もいます。
ただ、こうした内容を税理士に相談したり、対応してくれたりするのか疑問に感じている方も少なくないです。
しかし、税理士は身近な存在として様々な相談に対応していて、それを証明する体験談も数多くあります。
Click≫ 『体験談を参考に探す』

資産運用を考えているのなら税理士に相談を

名古屋にいる資産家の方々の共通した悩みとして、先祖や両親が遺してくれた大切な資産を、どのようにして次世代へ遺していくかという課題があります。
昔から資産家は三代でつぶれると言われていますし、資産を遺していけない原因として、浪費・投資の失敗・相続税というのが考えられます。
ただ、浪費で資産を食いつぶす方というのはなかなかいないもので、実際は投資の失敗と相続税が大きな原因になっているのです。
そして投資の失敗については、相続税に対する恐れから端を発しいて、資産を有効活用して増やさなければならないという想いがあるためです。
Click≫ 『資産運用を考えているのなら税理士に相談を』

企業が依頼する場合には

企業にとって税理士に会計関係を委託するかどうかは迷うところで、税理士は何をしてくれるのかといった疑問もあります。
一般的には会計用の書類をまとめて税務署に提出する書類を作成してくれるだけと考えてしまう方も少なくないです。
その為、経理経験があれば会計関係の処理をすることは可能で、税理士の費用を抑えることでコスト削減につながるのなら必要ないと考えてしまうこともあります。
Click≫ 『企業が依頼する場合には』