仙台の税理士に相談してみた - 名古屋の税理士さんに聞いてみよう

HOME » 名古屋の税理士に聞く » 仙台の税理士に相談してみた

仙台の税理士に相談してみた

税理士01

近年、若い起業家たちが積極的に事業を展開しており、インターネット上でも話題になっていますが、これから自分の会社を設立したいというときにポイントとなるのはどんなことでしょうか?
ここでは仙台の会社設立に詳しい税理士から、成功している企業の秘密を聞いてきましたので紹介していきたいと思います。

まずはじめに会社設立するときにもっとも気になるのは「その事業が成功するかどうか」という点で、これはすべての経営者が感じていることであり、もっっとも大きな心配事だと思います。
若い起業家たちが増えているという話を冒頭でもしましたが、すべての人たちが成功しているかと聞かれれば実際はそういうわけではありませんし、中にはかなり早い段階で見切りをつけなければならない結果に終わっている人もいます。

事業が成功するかどうかはどんなに計画的に進めていってもやってみなければ分からないところがありますし、経営者の中には占いなどに頼ってゲン担ぎをする人も少なくないそうですから、それだけ大変なことだというのが見て伺えます。
しかしまず重要なことは「やるべきことをしっかりやること」で、これは会社設立に関する知識を持つこと、そしれ会社設立後にどのような経営をしていくのかしっかりビジョンを持つことです。

まず会社設立に関する知識ですが、これはひと言で言うのは難しいですしいろいろなことがあげられますが、たとえば現在会社形態は株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4つありますが、中でももっとも選ばれているのは株式会社です。
株式会社の特徴と言えば文字通り株式を発行できるところにあって、それによって資金調達をすることができます。

ということはたくさんの株主を集めればそれだけ運営資金も潤沢になるわけですし、いろいろな人たちからアイディアを吸収できるチャンスも生まれるわけです。
知識をつけるというのは必ずしも会社設立の手続きの流れだけが該当するわけではありませんし、会社設立後のほうがずっと長いわけですから、それに向けた知識付けを意識するのは当然ですしとても大切なことです。

また税金について把握しておくことも大切で、会社設立後は法人となりますので法人税が発生します。
個人事業主のときは所得税を納めていたと思いますが、これは収入によって変化があるものでしたが法人税は基本的に一定に金額を納めることになりますのでたとえ赤字になったとしても納税義務は残ります。