会社設立時の税理士の必要性 - 名古屋の税理士さんに聞いてみよう

HOME » 名古屋の税理士に聞く » 会社設立時の税理士の必要性

会社設立時の税理士の必要性

税理士

会社設立時に税理士などの専門家に相談するかどうか、迷っている方も多いはずです。
実際のところ、知識が豊富にあるという方は、相談しなくても良いかもしれません。
専門家が行っているのは、いわゆる必要な手続きや申請、その他会社や企業の経営・運営に関わることとなってきます。
そのため、自分でできる場合は自分でやるというのも、決して悪くありません。
しかし、会社設立の際にはどうしても司法書士や行政書士、税理士の力が必要です。
書類作成の際には彼らの対応が必要となってくるので、必然的に頼りにするしかないです。
その他のことに関しても、極力は専門家に相談した方が良い場合もあります。
もちろん、それでも専門家の力に関しては、必要性を感じていないという方もいるでしょう。
そこで、ここでは専門家の中でも、特に税理士が必要なのかどうかについて解説します。

まず、結論から言ってしまうと、税理士などは必要だと言えるでしょう。
会社設立の際には手続きや申請に必要な書類の作成代行を行ってくれる他、必要な手順も対応してくれることが多いです。
会社設立においては、これらの作業が意外にも煩雑で手間も面倒もかかります。
それならば、税理士などの専門家にすべて対応してもらった方が安心ですよね。
もちろん、知識がない人が手続きや申請を行うと、ミスも多くなってしまいます。
そうなると、後々修正が必要となったりするなど、トラブルや問題の原因になるのです。
また、税理士がいることによって、お金の面でも色々とカバーしてもらうことができます。
例えば、税理士で最も重要となるのが、やはり節税なのではないでしょうか。
会社設立後はいかに節税するかも大切な指標となってくるので、そこもしっかりと考えておくと良いのではないでしょうか。
もちろん、税理士とは言っても、完全に税金をカットするということはできないので、あくまでも法律を順守した上での節税となります。
それでも、何もしないよりは大きな効果を生んでくれることは間違いないです。
その他、決算や年末調整など、色々な面でも対応してくれるでしょう。

税理士が必要かどうか迷っているという方は、とりあえず相談してみることをおすすめします。
税理士にとっても、そういう業務を任されるというのは嬉しいことです。
そこで良い関係を続けていくことができれば、より適正に会社や企業として経営を続けていくことができるでしょう。